Untitled

Apple「指紋認証搭載!」
富士通「(うちが先にやった…)」

Apple「NFC決済搭載!」
富士通「(うちが先にやった…)」

Apple「画面を下にスライドする機能搭載!」
富士通「(うちが先にやった…!!)」

鳩失格 on Twitter (via igi)
解決が見込めず、八世帯が脱退を申し出ると、自治会長名の通知がいきなり届いた。「脱退する意志が固いのであれば、防犯灯とごみステーションを撤去してはどうかという意見で話がまとまりました」。予告通り、近くの電柱から街灯五基が外され、分別収集する「ごみステーション」も、市に廃止が届けられた。  自治会長の男性(70)は、「(街灯の)取り外しは役員会で決めた」と、自ら撤去したことを認めた。ごみも「ごみ出しの不便さを感じることが自治会入会の促進と脱退の抑止力になる」と正当性を主張する。
休み時間に保湿クリームを買いに。売り場のお姉さんがあまりにも「生き生きした角質層」って連呼するので我慢できなくなって、つい。「死んでます」「え?」「角質層の細胞は、細胞質がケラチンに置換されるので完膚なきまでに死んでます」「……」「死にたてピチピチなら、ギリでアリです」
周囲の誰よりも速い成長を望むのであれば、あなたも上司を活用すべきだ。そして、そんな上司をその気にさせる”殺し文句”こそがこれ。

「どうしたら、○○さんみたいになれますか?」

その前後には、「私は、もっと成長したいんです」や「自分の目指すべきものがはっきりしてきました」などという言葉を補足するとより効果的だ。

この言葉は、上司にとっては飛び上がって喜びたいもの。クールに聞いているように見えても、内心は大喜び。やる気も満々なのである。

こちらとしては、「これから盗ませてもらいますので、よろしくお願いします」の挨拶でしかないものの、いとも簡単に上司はこの言葉にくすぐられるのだ。
京都府警が、カメラを仕込んだ“盗撮シューズ”をネット購入した同府内の客を戸別訪問し、靴の任意提出を求めていることが分かった。府警は今年7月、販売業者を盗撮ほう助容疑で逮捕しており、その際押収した名簿から顧客を割り出した。この種の靴の所有を禁じる法律はなく、異例の対応だが、府警幹部は「増え続ける盗撮の抑止には、道具を絶つしかない」と強調。これまでにほとんどの靴を回収したといい、他県警にも情報提供している。

夏休みのわたしと弟は、食事とお風呂以外の時間は全て勉強に充てられ、母と3人でリビングの机を囲んだ。食事のためにはノートやドリルを母に見せ、勉強が進んでいるという確認を取る必要があった。

夏休みの日記に、当時小学生だった弟が「1日勉強していて、お母さんが休憩を取っても良いと言ってくれたので、家の周りを散歩したのがとても楽しかった」と無邪気に書いて、母が慌てて書き直させたのを覚えている。

もう良い年なのだから、母に認められたい、優しくされたい、可愛い、好きだと言ってほしい。そんな幼稚な心は捨て、いい加減さっさと自立しなければならないと思いながらも、今なお、誕生日にプレゼントの花を渡したら「反抗したと思ったらいきなりべたべたしてきて、気持悪いのよ」とその場で花を捨てたときの、母の声がこびり付いて離れない。

そしてわたしは、優しくしてくれて、可愛いと言ってくれて、好きだと言ってくれる人を求め続ける「サークラ」となっていくわけだが、その要因として母のことは関係ない、とは言い切れないのかも知れない。

つまりこの仮説が言わんとするところは、オタク系の優秀な男性は、昔なら修道士になって腰高の木の椅子に座り、ラテン語のテキストを書き写したり、カリグラフィ(飾り文字)を書いたりして独身のまま生涯を終えたものだが、現在では社会の最前線で活躍するようになり、その遺伝子が遺伝子プールに戻ってきた、ということだ。そして、彼らと優秀な女性が結婚すれば、極端に男性化した脳を持ち、知能指数も高いが、ASDのリスクも高い男性が生まれる可能性がある、と推測する。このオタク結婚説は、証明も反証も難しいが、いくつかのケースはそれで説明がつくかもしれない。
現在では、非常にシステム化された知能を備えた男性(「オタク」とも呼ばれる)が、バイオテクノロジー、コンピュータ、電子機器やゲームの分野で成功を収めており、彼らに惹かれる女性も増えている。実際のところ、オタク系の夫をお探しなら、その候補を紹介するサイトはいくらでもあり、その数は増える一方だ(Nerd Passions、Geek 2 Geek、IQcuities、Sweet on Geeksなど)。

こんなブログ記事が出るだろうと予想してみました。

「自分撮りスティックにまったく興味がわかない」 「私が自分撮りスティックを使わないたった1つの理由」 (無関心宣言メソッド[2012-09-18-2])

「自分撮りスティックは日本では流行らない」 「自分撮りスティックがダメな7つの理由」 (これは失敗するメソッド[2010-01-21-2])

「自分撮りスティックやめました」 「自分撮りスティックを使ってわかった根本的な欠陥」 (やめましたメソッド[2010-02-04-2])

「自戒を込めて再確認したいが自分撮りスティックを使うやつは馬鹿」 (自戒メソッド[2006-02-24-1])