Untitled

時は第二次世界大戦、当時イギリスはご存知のようにドイツと交戦状態にあった。
当然戦争をするには補給をしなくてはならず、その物資を運ぶのにイギリスからは輸送船を使う必要があった。
そこでドイツはUボートを使い、大西洋上の輸送船を狩りまくっていたのである。
当時、潜水艦を捜し追い払う場合航空機が役に立ったのだが、当時のイギリスは十分な空母はなく同盟アメリカを頼ろうにもこちらは日本太平洋ドンパチ中、という有様だった。

そこで立ち上がったのが、かつてドイツで迫を受けたユダヤ系の系の男性ジェフリー・N・パイクである。
はたまたま聞いた「航路を邪魔する氷山の爆破に失敗した」というニュースを付け、少佐ルイス・マウントバッテンとともに時の首相チャーチルに氷山を空母とする「氷山空母」のプランを提出したのである。

この氷山空母プランは、全長約600m、全幅100m、排200万トン、搭載機数150機、40基の4.5インチを搭載という船としてはとんでもなくデカい空母……というよりもはや洋上基地を、による組みとカナダから切り出した28万個もの氷塊で構成するというものだった。
なお、最終的には強度と溶けやすさの面からこれらを解決したパイクリートというおがくずなどの植物繊維を混ぜ込んだを凍らせたものを使うように計画変更がされた。

では、この氷の船体をいかに保持するのか。答えは簡単で、船体に大量の冷却器を仕込むのである。
これにより被弾しようがちょっと溶けだそうが、の開いた場所にを入れてほっとけば勝手に凍るという計画で、実現できればまさに不沈空母の名をほしいままにするはずだった。
この計画は承認され、なんとイギリスアメリカカナダの3共同開発となり、7000万ドルの予算と8000人の人員を8か間にわたって投入しカナダミニチュアを作るなどの実験が行われた。

が、ここにきて最大の敵が現れる。コストである。
氷、しかもそこらへんに浮いている氷山ではなく専用の材料がいる氷を作るにもタダではなく、さらに凍らせる必要があるので建造に時間がかかる。そしてこれだけデカいうえに氷の船となると、既存の建造ドッグでは作れず新たに設備を整える必要がある。
さらに飛行船や飛行による監視や、週間空母の登場、レーダーの進歩によりどんどんハボクックの意味は薄れていった。

そしてついにハボクックはその船体ではなく、計画を凍結させられてしまうのであった。

…時は流れて2009年ディスカバリーチャンネルのおなじみの変態ドキュメンタリー怪しい伝説」が氷山空母の検を試みた。新聞紙を混ぜた氷でパイクリートを再現し、二人乗りの小ボートを作ったものの、パイクリートの量が足らず、冷却も行われなかったためにボートはたちまち溶けてなくなってしまった。

リベリアの首都モンロヴィアのエボラ隔離施設が武装した集団に襲われ、少なくとも20名、最大29名の感染が疑われる人々が逃走した。

[…]

この襲撃は「『エボラはWest Point(Monroviaの地区名)にはエボラは存在しない』と叫ぶ数百名の地元の群集が、首都のスラムでエボラ感染が疑われる死体を収集しに来た埋葬チーム及び護衛警官隊を追い出した」というReutersの報道があった翌日に起きた。群集はエボラ隔離施設に押入り、患者を連れ出した。多くがエボラ流行はホラだと言っていた。

リベリアのエボラ隔離施設が襲撃され、感染が疑われる20~29人が逃走し、血まみれベッドが略奪された: 忘却からの帰還

他のニュース
“武装した男らが「エボラは存在しない」と叫びながら、感染者の隔離施設を襲撃し、少なくとも患者20人が逃走したと報じた。

 目撃者によると、男らは夜中にドアを壊して侵入。「大統領は(支援などによる)金が欲しいだけだ」とエボラ熱の流行を否定し、施設内の物を略奪していったという。”
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140817/mds14081722520007-n1.htm

(via tatsukii)

なんか「ツイッター 140文字が世界を変える」という本を読んだんで、ツイッターをやってみた。

とある著名ツイッターユーザーに意見を書いたり、ちょっとエッチなことを書いたら、現実世界で知っている人から「そんなことを書くな」と言われた。

なんなんだろう。つぶやきって本来自由なんじゃないの?

いちいちそこにまで干渉されなくちゃいけないの?

ツイッターに書くことって吟味し、校閲に出してようやく発信できることなの?

ツイッターが世界を変えるとかいろいろな人が言ってますよね。

コグレマサトさんとか、いしたにまさきさんとか「ツイッター 140文字が世界を変える」という本の

帯に寄稿した佐々木俊尚さんとか。

なんか不自由だね、ツイッターって。

何がいいのか教えてくれないかな。

僕にとってははてな匿名ダイアリーの方が自由な気がするんだ。

ツイッターの可能性なんて閉ざされた気がする。

結局名前が割れている人にとっては

無難なことを書き続けるしかないのかな?

サメにとっては、ぱっと見魚っぽいらしいです。

海底に光ファイバーケーブルを敷くのって、それだけで壮大な事業です。自社で海底ケーブルを持っているグーグルが今、そのうち数千マイル分を追加で補強せざるをえないことがわかりました。お腹を空かせたサメが、世界の大事なケーブルをランチ代わりにしているからです。

海底ケーブル補強プロジェクトについては先週、Google Cloud Roadshowというイヴェントで発表されました。グーグルは10万マイル(約16万km≒地球4周!)以上もの専用光ファイバールートを世界中にはりめぐらしているのですが、その一部の傷ついた部分が対象となります。グーグルのクラウドチームプロジェクトマネジャーのDan Belcher氏は、ケーブルを「ケブラーのような素材」でコーティングして補強する予定だと語りましたが、それ以上詳しいことは明かされませんでした。



でもどうしてサメがケーブルを食べようとするんでしょうか? Network Worldでは、oAfricaによる「ケーブルから出る電子インパルスが、サメのエサとなる生き物が出す電流に似ているせいではないか」という仮説を紹介しています。

短距離の地上ファイバーや昔ながらの銅線ケーブルでは、知覚できるような電磁場をケーブルが出すことはなかった。が、海底ケーブルは海底のリピータに高電圧を伝える必要があるため、ケーブル沿いや周辺に電場・磁場が生じてしまう。…[略]…サメの中には、その電場を苦しむ魚から出るものだと勘違いしてケーブルを食べようとするものがいるのだ。

ケブラーみたいなコーティングをしても電場が出なくなるわけではありません。でも従来よりはるかに堅牢になることで、グーグルにとってもサメにとっても、安全なケーブルになることが期待されています。

あれは、極悪ツールだよ。引用というのがここまですばらしいものだとはわからなかった。引用、転載、無断リンクを、「Tumblrだから」という名目の元に堂々とできる。俺にとっては単なるクリップにとどまらないの。
はてブ雑感。Tumblr雑感。 - Intellectual Journey (via gkojax) (via gkojaxlabo) (via yellowblog) (via shinyai) (via etecoo) (via gkojax-text) (via klaftwerk) (via zaiga) (via highlandvalley) (via caocaocao3) (via yu-ya) (via aki373) (via hkdmz) (via mogushun) (via sukoyaka) (via yaruo)
NHKがストーカーにあわないためには異性とつきあわないのが一番だといったらしい。ネットで炎上しないためには「道のまんなかで叫んでも大丈夫なことしか書き込まない」ともNHKは言っていた。そのうち「死なないためには生まれてこないことです」と言い出すのではないか。NHKから目が離せない
なーにがスキマ時間の活用だ!ぼんやりしろ!
Twitter / santa021 (via chptr22)
ある人が、「眠すぎて仕事したくなくなることがあるのですが、どうすればいいですか?」と法然上人に聞いたそうだ。法然上人は「目が覚めた時に仕事すればいい。」と答えたという。大変ありがたい言葉だ。(第三十九段)
ちょっと遠くに、凄く優秀だと言われている営農法人があります。
今の研修先の人が知り合いがいるというので、見学に行かせてくれました。

ある作物なのですが、たいした収量でもなく、圃場を見ても、管理(葉欠き、草取り、防除、潅水等)出来ていなくて、しかもハウスじゃないので、膨大な面積(2町)という悪条件でやっており、
「これで優秀なの?たいしたことね~な」
って思いました。

その後、別の機会でJAの研修会でもその圃場に見学に行ったのです。
「え~、もう一度行ったし、たいしたことなかったし、いいよ~」
って思ったのですが、無理矢理行かされました。

今度はJAの正式な研修会だったので、その営農法人もしっかり資料を用意していました。
その資料を見て驚愕しました。

余剰金300万!

「あの収量で・・・この管理で・・・利益だしている・・・凄い・・・」

この営農法人が作っている作物は、路地では正直あまり儲からないので、赤字じゃないってだけで、凄いことなのです。
県内でもいち早く黒字化を達成し、実は経営が優秀という事で有名な法人だったのです。

その秘訣は・・・勿論、管理に人件費を掛けない!
病気にならないギリギリの葉欠き、土壌水分計による必要最低限の潅水、除草剤を使って効率的に除草、あらゆる作業の効率化など等、とにかく人件費を掛けない事に心血を注いでいました。
結果、最初見た時
「管理できてないな~」
って思ったのですが、人件費を掛けないためにわざとだったということです。
「あなたより長いつきあいになるかも知れないんだから慎重に選ばせて!」って家電量販店の冷蔵庫コーナーでもめてるカップル見たことある。
藻屑 (mozukurage) on Twitter (via yasunao) (via soulboy) (via mnak) (via wideangle) (via himatbshiz) (via plasticdreams) (via yaruo)